2020年は病院で働こう!

2020.01.08掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

近年では病院が介護施設を併設したり経営する事が多くなってきました。

看護と介護はどうしても強く結びついています。

併設していたり、病院が運営している事で万が一の時も安心だと、利用者のご家族も施設選びのポイントになっている事も多いようです。

では、働く側はどうでしょうか?

介護・看護菅家の求人案件で介護職員はもちろん、多く記載されているのが「看護助手」ではないでしょうか?

看護助手と一口で言ってもどんなお仕事なのでしょうか?病院の人事の方に詳しく聞いてみました!

☆身の回りのお世話(食事介助、配膳下膳、排泄介助、オムツ交換、ベッド移乗、入浴介助、清拭、着替えのサポートなど)

☆環境整備(ベッドメイキング、シーツの交換・洗濯、浴室の準備・清掃、病室・診察室の清掃など)

☆移送(検査室・リハビリ室への移送・付添いなど)

☆その他(カルテ整理、備品管理、医療器具の消毒・滅菌、検体の移送など)

改めて書き出してみると、かなり広範囲な業務内容となっております。

入院している患者さんや利用者さんのお手伝い、医師や看護師の業務補助など。

介護施設で働いているよりも沢山の知識と経験が身につきそうですね!

医療現場というのはなかなか資格無しで立ち入る事はできなさそうですが、「看護助手」は特に経験・資格を必要しない事が多い案件ですので、これを機に医療の世界でお仕事をしてみませんか?

みなさまのご応募、お待ちしております★