扶養控除の壁で損をしない!

2020.01.22掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

【扶養控除】には所得税や住民税の控除や、配偶者控除・
配偶者特別控除に関する『税制上の扶養』

健康保険や年金に関する『社会保険上の扶養』の2つがある。

年収のそれぞれの壁

100万円〜⇨住民税が発生

103万円〜⇨所得税が発生

106万円〜⇨勤務先が一定規模(※1)であれば社会保険加入の義務が発生。収入額以外に従業員数や勤務日数・時間などその他の条件も合わせて判断される(※1)

130万円〜⇨社会保険加入の義務が発生。配偶者の社会保険を外れる

〜150万円⇨配偶者特別控除の満額(38万円)が受けられる上限のライン

〜201万円⇨配偶者特別控除が受けられる上限のライン

 

一定規模以上(*1)の会社でアルバイトやパートをすると、年収106万円以上で社会保険に加入することになります。

お給料の中から、厚生年金、健康保険を負担することになります。

*1の要件
・正社員が501人以上
・収入が月88,000円以上
・雇用期間が1年以上
・所定労働時間が週20時間以上
・学生ではない

 

扶養内で気をつけなければならないボーダーです。

配偶者様の収入にもよりますが、だいたい世間で騒がれている「○○○円の壁」とはこのような感じになります!

パートで働いている主婦の皆さんの中には、まだお子さんが小さい家庭もあれば、すでにお子さんが成人して一人暮らしをしている家庭もあることでしょう。まだお子さんが小さい場合だと、時間を上手にやりくりしながら何とか働いていることと思います。それなのに「せっかくたくさん働いたのに、手取りはこれだけ..」とがっかりしたくはないですよね。

逆にお子さんが自立している家庭の場合、たとえ手取額が少なくなったとしても社会保険に加入した方が後々、有利なこともあります。

なぜなら、社会保険の加入により、将来受け取る年金の額が増えるからです。

お得な働き方は人それぞれ。今だけでなく、将来のことも見据えて、皆さんにとって最も効率的な働き方を探してみてください。