正看護師と准看護師の違い

2020.01.24掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

病院はもちろん、保育園・老人ホームでも需要のある「看護師」の資格についてのお話です☆

看護師には国家試験で得る事のできる「正看護師」、 都道府県が行っている知事試験で得る事のできる「准看護師」の2種類となっております。

また業務内容にも制限があり、准看護師は正看護師の補助をするための資格という位置付けですので、正看護師や医師の指導のもとでなければ業務を行う事ができません。

正看護師に指示を出したり、管理職に就く事は難しくなってきます。

年収の面でもやはり、大きく違います。平均のデータでは80万近い差額となっており長い目でみるとかなりの差が出てきますね(^^;;

しかし主婦の方や子育て中・就業中の方には【准看護師試験の受験資格を得るための教育を2年間である事・中学校卒業者であれば誰でも入学可能なところ】はかなりラクに資格を取れるネックになるかと思います!

正看護師であれば3年以上の就学、准看護師を取得されている方であれば、看護短期大学か看護専修学校を2年間で卒業することが出来ます。

ただし条件として、高等学校を卒業しているか、大学入学資格検定に合格していなければなりません。

家庭の状況や学費・就学期間など、自分のライフスタイルと資格習得後の自分にあった働き方を考え取得する資格を選んでくださいね!