有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

2020.02.05掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

有料老人ホームでの仕事内容・役割

有料老人ホームでの介護のお仕事は、ご入居者の介護・生活支援が中心となります。具体的には、ご入居者の見守り、食事介助、身体介助、入浴介助が主な業務です。民間企業が運営していることもあり、一人ひとりのご入居者に合わせたきめ細やかなサービスが求められます。勤務シフトは、日中帯のシフト(早番・日勤・遅番)に加え、夜勤シフトが組まれているケースが多く、施設規模にもよりますが多数のメンバーで各フロアーを担当します。

介護技術を活かしながらも接遇・おもてなしの心をもちつつ、多くの職種と協力しながら業務をおこないます。

 

こんな人におすすめ

有料老人ホームは、民間企業が運営していることもあり、人事制度や研修・福利厚生が充実しているケースが多く、安心して長く働くことができます。 また、サービスの満足度を重視している企業が多いため、質の高い介護スキルや対応力を磨くこともできます。
施設には、看護職や機能訓練指導員もいるため、医療やリハビリ分野の知識を習得する機会もあります。 介護の現場で知識と技術を身につけ、施設長になる方もいる一方、本社に異動し、施設運営側でキャリアを積まれる方もいらっしゃいます。


また、下記のいずれかの考えに当てはまる方には特におすすめの職場です。
1.一人ひとりに合わせた質の高い介護を実践したい方
2.介護施設での介護にチャレンジしてみたい方
3.介護職としてキャリアアップを目指している方
4.研修・福利厚生、人事制度等を重視される方