介護士の仕事のやりがい!

2020.03.05掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

ご利用者やご入居者の日々の生活に直接貢献することができ、感謝の言葉をいただけることは介護職ならではのやりがいです。また、介護職員の存在はご利用者のご家族の負担を軽減することにも役立っています。日々お身体のお世話や生活介助おこなう中で、コミュニケーションも密になり、深い関係性が築けるのもこのお仕事の魅力。自分の関わりによって、お客様がいきいきと生活をされている姿を間近で見られるのは、介護職の大きなやりがいです。

 

■介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は、日常生活に介護を必要とする方に対して、ケアマネージャーがあらかじめ決めた計画書に沿って、以下のような援助を行います。

<一般的な仕事内容>
・身体介護(食事、移動、排泄、衣類の着脱、体の衛生管理など)
・生活援助(炊事、洗濯、掃除、買い物など)
・介護を必要とする方と家族を含めた、介護に関する相談とサポート
・社会的活動支援(要介護者、家族、近隣住民間の対人関係の構築)

介護福祉士は介護サービスを提供している者としての誇りを持ち、「介護を必要とする方、一人ひとりに合った介護をすること」や「業務を通じて知り得た介護を必要とする方、およびその家族の秘密を漏洩しないこと」が求められます。

 

介護福祉士の資格

介護福祉士の資格は、介護職の中で唯一の国家資格であり、おもに高齢者介護の現場で上位職になる場合などには必要とされることが多いです。
資格を取得するためには、国家試験に合格するか養成施設を卒業しなければなりません。また、国家試験を受けられるのは、3年以上の実務経験を積んで実務者研修を修了した人か、福祉系高校を卒業した人になります。

 

こんな人におすすめ

以下に、介護福祉士に向いている人の特徴をご紹介します。

・介護業界でキャリアアップを目指し、長く働くことを考えている人
・コミュニケーション能力が求められる仕事ですので、人と接することが好きで、ストレスをうまく発散することができる人
・介護を必要とする方の変化に気付くことが求められますので、目の前にいる相手に関心を持つことができる人
・思いやりと体力のある人