未経験で介護職に転職したいと考えたら一度は読んでおくべきこと

2020.07.04掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

介護の仕事とは?未経験でもわかる介護の仕事内容

介護の仕事とは、主にケアを必要とする高齢者の方が安心して暮らせるよう、身の回りのお世話や相談援助などを提供する仕事です。

介護福祉士やケアマネジャーは介護に関する資格のひとつですが、無資格・未経験の方が介護の仕事をする場合、「介護士」「介護職」という職種から始めることとなります。

介護職の仕事には「身体介護」と「生活援助」の2つがあり、具体的な仕事内容は以下のとおりです。ただし、訪問介護の場合、無資格だと身体介護を行うことはできません。

◆身体介護

  • 洗髪や洗身などの入浴介助
  • おむつ交換・トイレへの誘導などの排泄介助
  • 着替えの手伝いをする更衣介助
  • ベッドから車いす、車いすからトイレへ行く際などの移動・移乗介助
  • 食事の用意が自分でできない、自分で食べられない方への食事介助

◆生活援助

掃除や洗濯、買い物や食事の準備など、身体に触れずに行える身の回りのお世話をします。通常、介護保険で行える生活援助のサービスは、利用者さんが自分でできないことが対象です。

 

未経験の転職におすすめの介護施設や事業所


未経験で転職する場合、一般の転職と比べると介護職の求人数は多い傾向です。ただし、施設によって活躍する介護職員の年齢も異なるだけに、未経験からの転職には施設選びが重要だといえます。「訪問介護」「通所施設」「入所施設」の特徴とおすすめポイントについて見てみましょう。

 

◆訪問介護

訪問介護では、利用者さんのご自宅に直接訪問し、身体介護や生活援助に関するサービスを提供します。基本的に一人での訪問となるため、自分で判断・行動しなければならないのが特徴です。

☆おすすめポイント☆
  • これまで家事で培ってきた能力が活かしやすい
  • コミュニケーションをとるのが得意な方であれば能力を活かせる
  • シフト制なので希望の曜日や時間で働くことができる
  • 実務者研修修了者や介護福祉士などの資格取得でキャリアアップも可能

◆通所施設

デイサービスやデイケア、ショートステイなどの通所施設へ通ってくる利用者さんにサービスを提供します。入所施設に比べ比較的身体介護が少ないのが特徴です。

☆おすすめポイント☆
  • 基本的には夜勤の勤務がなくシフトも規則的なところが多い
  • 日曜日がお休みの施設もある
  • レクリエーションは企画から任されるため、自分のアイデアを採用してもらえる可能性がある

◆入所施設

特別養護老人ホーム(特養)や有料老人ホームなどの入所施設に入居する高齢者の方にサービスを提供します。入居者さんは常に介護が必要なため、介護士としての技術や知識を学ぶ機会が多いのが特徴です。

☆おすすめポイント☆
  • 施設は休みなく稼働しているが、勤務はシフト制でパートや派遣社員も多く、出勤時間帯や休暇などの融通が利きやすい
  • 夜勤専門(夜勤専従)で人材を募集している施設もある
  • 介護職としてキャリアアップするための経験やスキルを積める

 

今よりもっと自分にあった職場を見つけませんか?

「広島福山介護転職サーチ」は、未経験の方でも質問や相談、あなたに合った転職スタイルでお仕事探しができます。登録は無料、お気軽にご連絡ください^0^