面接前のギモン

2020.09.16掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

Q.面接の前にやっておくべきことはありますか?

「提出書類の確認」「応募先企業の情報収集」「面接のシミュレーション」は必ずやっておくことをおすすめします。
面接官はあなたの提出書類をもとに質問をしますので、提出書類と面接での受け答えにアンマッチがあると「信頼できない人」と思われてしまいます。

また、一方的に自分をアピールするのではなく、応募先事業者の求めるスキルをアピールするためには、まず事業者を知ることが必要です。
事前にしっかり準備し、シミュレーションすることで、面接本番の緊張感を和らげることができます。

Q.面接の服はスーツじゃなきゃダメですか?

ダークスーツがベストですが、介護業界の場合は比較的カジュアルな服装でもOKです。
ただし、ジーンズやサンダルなどのカジュアル過ぎる服装や露出度の高い服はNG。
落ち着いた色のジャケットと同色系のボトムス。シャツも派手なものは避けましょう。

また、清潔感が大切ですので、以下のポイントにも気をつけましょう。

・シミ・シワがないか
・髪は顔にかからないか、寝ぐせやふけがないか
・靴はちゃんと磨いてあるか

Q.指定の面接時間は就業中……。諦めた方がいいの?

時間が合わないからといって諦めるのは早すぎます。
採用担当者に理由を伝え、面接時間を調整してもらえないか相談してみましょう。

Q.電車が遅れて遅刻しそう!どうすればいいの?

遅刻は厳禁ですが、やむを得ない事情で遅れてしまう場合は、その理由と到着時間を連絡しましょう。
連絡せずに遅れるのは周囲の迷惑になりますし、マナー違反です。
きちんと理由を説明すれば、面接の調整してくれたり、別の日程を設定してくれる可能性もあります。

Q.約束の30分前に着いてしまったけど受付に行ってもいいの?

訪問する時間は、面接時間の5〜10分前が目安です。
応募先の事業者にも当然予定があります。あまり早い時間の訪問は相手の迷惑になるので避けましょう。
早めに着いてしまった時は、近くの喫茶店やカフェなどで、面接のシミュレーションをしながら指定の時間まで待つことをおすすめします。
特に、面接会場ではなく企業や事業所での面接の場合は注意が必要です。

Q.面接というと緊張してしまうのですが、克服する方法はありますか?

絶対緊張しない方法はありませんが、「事前準備をすること」と「シミュレーションすること」で緊張を和らげることができるはずです。
また、面接室に入室した時、大きめの声で挨拶することも緊張をやわらげるコツです。

面接でまったく緊張しない人はまずいませんから、面接官もあなたが緊張していることを知っています。
緊張していることをマイナスではなく、プラスと捉える前向きさをもってのぞみましょう。