「特養」と「有料老人ホーム」はどう違う?働くならどっちの介護施設?

2020.12.19掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホーム(特養)とは

特別養護老人ホームの特徴

特別養護老人ホームは介護保険では「介護老人福祉施設」に分類され、入居できるのは原則要介護3以上の高齢者です。常に介護が必要で、自宅での生活が困難になった方を対象に、終身に渡って介護が受けられる施設です。

社会福祉法人や自治体が運営主体になっているため、施設を継続しやすく、施設で働く介護士にとっては長く安定して勤められると人気を集めています。

特別養護老人ホームで働く介護職の仕事内容

特別養護老人ホームでの主な仕事は、身体介助入浴介助排泄介助といった三大介護です。要介護度の高い利用者さんが多いため、他の施設と比較しても身体介護の割合は高くなる場合が多いでしょう。その他、看護職員をはじめとする関係者と連携して利用者さんの健康管理を行います。

また、特別養護老人ホームには大人数で一部屋を使う従来型と個室タイプのユニット型の2種類があります。従来型の施設ではたくさんの利用者さんをたくさんの職員で介護します。そのため先輩の仕事を間近で見ながら学べるというメリットがあります。
一方のユニット型は1ユニット10名前後の少人数の職員で介護します。プライバシーや個人を尊重したケアを行えるのが特徴ですが、少人数のため1人で判断しなければいけない機会は従来型と比較して多くなるでしょう。同じ特養でも従来型とユニット型では動き方が異なりますので、転職の際は事前に確認しておくことをおすすめします。

2018年12月18日の記事一覧 – おかもと整形外科ブログ

特別養護老人ホームで働くメリット・デメリット

特別養護老人ホームは要介護度の高い利用者さんが多いので、専門知識身体介護の技術向上につながり、より介護士として成長できるのがメリットです。とくに、介護士として長く働くベテラン職員も多いため、毎日の業務のなかで自然に学べるのも魅力です。

一方で、介護度の高い利用者さんを相手にするため介護士の負担が増え、介助時の肉体的な負担も増える傾向にあります。さらに、慣れないうちは看取り介護による精神的な負担を感じる方も少なくありません。

特別養護老人ホームが向いている人

特別養護老人ホームで長く働くために必要なのは、体力があり学ぶ姿勢があることです。体の大きな男性の介護を担当しても辛くなく、認知症ケアや新しい介護技術の習得など、自分のスキルアップのために日々の業務に積極的に取り組める方ほど、特別養護老人ホームで働くのに向いているといえるでしょう。

また、特別養護老人ホームを利用者さんが退居するのは、多くの場合亡くなったときや病院への入院が必要になったときなどです。ひとりの利用者さんと過ごす時間が長くなりやすいため、じっくりと長期的に関わり寄り添った介護をしたい方ほどやりがいをもって働けます。