「特養」と「有料老人ホーム」はどう違う?働くならどっちの介護施設?

2020.12.23掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

有料老人ホームの探し方と利用までの流れ | 介護の便利帖|あずみ苑 ...

有料老人ホームとは

有料老人ホームの特徴

有料老人ホームは、利用者さんのニーズに合わせるために「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類に分かれています。介護付きは食事や入浴などの介助が必要な方、住宅型はある程度自立した方、健康型は自立した方を対象にしており、施設の種類によって働き方は大きく異なります。

有料老人ホームの場合は以下のような特徴を打ち出している施設もがあります。
・ホテルのような高級感のある内装やスタッフの接遇の高さ
・大浴場や娯楽室などの設備の充実
・充実したアクティビティやレクリエーション
・医療体制の充実

尚、職員が介護する場合と、訪問介護など外部サービスを利用する場合があります。そのため、手厚い介護が必要になると施設の移動を促すケースもあり、終の棲家にはならないこともあります。

有料老人ホームで働く介護職の仕事内容

有料老人ホームでの仕事は、その施設がどのような方を対象にしているのかで大きく変わります。介護付き有料老人ホームでは身体介助などの三大介護がメインとなり、医療的ケアに力を入れている施設では看取り介護も行っています。ただ、介護付き有料老人ホーム以外は要介護度が低い方が中心になるため、身体介助時の職員の負担は少ない傾向があります。

自立支援がメインになる住宅型や健康型では、サービスの満足度を重視するため多彩なレクリエーションや、コンシェルジュのようなサポートサービスなどを提供する場合があるなど、介護士のイメージとは違う働き方やスキルを求められる場合があります。働き始めてから後悔しないためにも、あらかじめ施設のタイプや仕事内容をきちんとチェックしておきましょう。

老人 ホーム イラスト - 写真素材 フォトライブラリー

 

有料老人ホームで働くメリット・デメリット

有料老人ホームの利用者さんは比較的要介護度が低いため、身体介助が必要な場合でも職員の身体的な負担が軽いというのがメリットの一つです。さらに、自立者を対象にした施設では接遇に力を入れており、適切なマナーなどを身につけることもできます。

ただ、住宅型や健康型では介護福祉士などの配置義務がなく、職員が身体介護をしないため、生活支援がメインとなります。そのため、介護技術を学ぶことができず、介護福祉士の受験資格である実務経験の対象にならないなどのデメリットがあります。

また、介護付き有料老人ホームには介護度の上限がないため、重篤な介護が必要な人が入居する場合もあります。身体的な負担が特養などと変わらないケースもありますが、幅広い介護度の利用者さんと接することができ、働く人によってデメリットにもメリットにもなるでしょう。

有料老人ホームが向いている人

有料老人ホームは施設によって専門的な知識や技術が必要ないこともあり、初めて介護の仕事を経験する方ほど向いています。とくに、接遇や得意分野のレクリエーションなど、これまでの経験で身につけたスキルや自分の好きなことを活かしてサポートがしたい方は、やりがいをもって働けるでしょう。

また、介護の身体的な負担を少しでも抑えて働きたい方も有料老人ホームが向いています。腰痛やぎっくり腰などのリスクが少なく、無理のない範囲で長く楽しく働けます。