3つの介護スタイル①

2021.01.20掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

あなたは、親の介護について考えたことがありますか?

「来るべき親の介護に、準備万端です!」という人はきっと少数派でしょう。多くの人は、介護が必要な状態になってはじめて、真剣に親の介護について考えだすはずです。

なかには、親の介護のために慌てて会社を辞めたり、親と同居を始めたりする人もいるでしょう。しかし、介護は子育てとは違い、ゴールのないものです。思いのほか長くかかることもじゅうぶんありえます。

◆3つの介護スタイル

介護のスタイルには、おもに3つの選択肢があります。

  1. 在宅介護
  2. 遠距離介護
  3. 施設入居

まずはそれぞれのスタイルの説明と、メリット・デメリットを見ていきましょう。

在宅介護のTwitterイラスト検索結果(古い順)。

在宅介護とは

自宅で介護士や家族が介護する介護スタイルです。ここでは、親と同居して介護することを指します。

在宅介護のメリット

在宅介護の最大のメリットは、要介護者が住み慣れた自宅で生活を送ることができる点でしょう。また、「これまでの恩返しとして、自ら介護したい」という方にとっても、すぐそばで見守ることのできる在宅介護はおすすめです。自ら介護する分、介護費用がかからないこともメリットとして挙げられます。

  • 「家で過ごしたい」という要介護者の希望を叶えられる
  • 自分で介護したい、近くで見守りたいという人にはマッチする
  • 自分で介護する分、介護費用がかからない

在宅介護のデメリット

一方で、在宅介護にはデメリットもあります。最大のデメリットは、介護者の精神的・肉体的負担が大きいことでしょう。介護は24時間つづく重労働です。介護保険サービスなどを上手く活用しながら、無理のない範囲で行わなければいつか破綻していしまいます。また、夜間に状態が急変した場合などの対策も必須です。

  • 介護者に大きな精神的・肉体的負担がかかる
  • 緊急時の不安が大きい