3つの介護スタイル③

2021.01.27掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

有料老人ホームを構成する3つの種類 | イラスト, 介護 イラスト ...

施設介護とは

親が老人ホームなどの施設に入居して介護サービスを受ける介護スタイルです。

施設介護のメリット

施設介護の最大のメリットは、介護のプロが見守ってくれる点でしょう。施設には介護士の他に看護師や医師などがいるため、万が一のときも安心です。また、自ら介護する必要がないので、介護者にとってはその分精神的な負担が軽減されるでしょう。

  • 専門家に介護してもらえる
  • 家族の負担が軽減される

施設介護のデメリット

一方でデメリットとして、施設利用の費用の高さがあります。終身利用を前提した介護保険施設(介護保険が使える施設)は特別養護老人ホームと呼ばれていますが、こちらでも介護費の他に個室費用などがかかります。

高級有料老人ホームとなると、入居一時金だけで数千万円の支払いが発生することもあります。また、仮に高額な入居費用を支払ったとしても、その環境が要介護者に合うかどうかまでは保証されません。場合によっては、施設になじめず退所し、自宅に戻ってくることもあるのです。

  • 費用が高い
  • 退所してしまうこともある

どの介護スタイルにも、それぞれメリットとデメリットがありますね。自分の仕事や経済的状況、親の状態などを考慮して、何が最適なのかをよく考える必要があります。

とはいえ、はじめての介護では「何が分からないのか分からない」状態に陥ってしまうこともしばしばです。そこで次章からは、介護がはじまる前、はじまった後の動き方について解説していきます。