介護がはじまったらすべきこと

2021.02.03掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

特別養護老人ホーム(特養)での仕事内容は?転職してわかった特養の ...

いずれのパターンを辿ったとしても、実際に親の介護の必要性を目の前に突きつけられると、誰しも戸惑ってしまうものです。ここでは、介護が必要だと判明したあとにするべきことを解説してきます。

◆まずは地域包括支援センターに行く

介護がはじまったら、必ず専門家に相談しましょう。相談先としておすすめなのが地域包括支援センターです。

地域包括支援センターは各自治体に設置されており、介護に関する悩みや相談を受け付けてくれるところです。「何が分からないのか分からない」状態の人も、「介護が必要といわれたけれど、どうすればいいでしょうか?」と率直に相談してみましょう。

◆要介護認定をうける

次は「要介護認定」をうけましょう。在宅介護、遠距離介護、施設介護のいずれを選ぶとしても、介護サービスをうけるには「要介護認定」が必要です。「要介護認定」には申請書が必要です。申請書は市役所にもらいにいくか、市役所のホームページからダウンロードしましょう。申請は無料で、ケアマネジャーが代行して行うこともできます。

◆ケアプランを作成する

要介護認定が無事とれたら、次はケアプランを作成しましょう。ケアプランとは、1ヶ月の介護スケジュールのこと。ケアプランは、本人や家族と協議した上で、ケアマネジャーという人が作成してくれます。

ケアマネジャーは介護のスペシャリストで、あなたの介護生活の心強い理解者であり相談者でもあります。介護でわからないことや不安なことがあれば、ケアマネジャーに相談してみましょう。

ここまでできたら、介護保険サービスの利用が開始されます。

これから大切なご家族さんを施設に預けられる方や、既に預けられている ...

◆施設介護の場合は施設を探す

施設介護の場合は、施設を探す必要があります。施設にもたくさんの種類があるので、まずはインターネットなどで自宅付近の施設を検索してみましょう。ここでは、いくつか代表的な施設の種類を紹介します。

1.特別養護老人ホーム

1つ目は特別養護老人ホームです。 特別養護老人ホームとは、介護を必要とする65歳以上の方が入居できる公的な施設のこと。介護保険サービスの一つであるため、利用料が安く抑えられるというメリットがあります。有料老人ホームのような一時金も必要ありません。

ただし、入居要件として介護度3以上(※1)であることが定められており、誰でも入居できるわけではないという点に注意です。また利用料の安さから入居希望者が多く、なかなか入居できないケースもあります。

※1 介護度1、2 の方も特例として入居が可能

2.介護付有料老人ホーム

2つ目は介護付き有料老人ホームです。介護付き有料老人ホームとは、介護サービスがついた高齢者向けの居住施設のこと。介護・看護スタッフが24時間体制で対応しており、食事や入浴、排せつなどの介助サービスなどをうけることができます。特別養護老人ホームのような入居条件を設けている施設はあまりなく、原則誰でも入居できます(※2)。

入居には、入居するときに支払う「入居一時金」と、月々支払う「月額料金」が必要です。ただしプランによっては、「入居一時金」なしで「月額料金」だけとするところもあります。これらの費用は、特別養護老人ホームにくらべると割高です。

※2 「介護専用型」の場合は要介護1以上の介護認定が必要

3.住宅型有料老人ホーム

3つ目は住宅型有料老人ホームです。住宅型有料老人ホームとは、生活支援サービスがついた高齢者向けの居住施設のこと。介護付き有料老人ホームとの違いは、介護サービスが外部サービス利用となる点です。

必要なサービスを自分で選択できるのが魅力ですが、介護付き有料老人ホームの介護サービス費が月額利用料に含まれているのに比べ、住宅型有料老人ホームでは月額利用料に含まれていないため、介護保険の限度額を超えると高額になるおそれがあります。