面接必勝マニュアル①

2021.03.24掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

面接は、あなたと採用する側がお互いの理解を深め、「ここで働きたいどうか?」「一緒に働きたい人か?」を 見極める大切なプロセスです。気を付けるポイントは、一般の企業面接の場合とほとんど同じです。 万全の準備で面接に臨めるよう、気を付けたいポイント、面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

「この人と一緒に仕事がしたい」「この人なら任せられる」と思ってもらえるように、事前準備をしっかりして面接に臨みましょう。

面接のイラスト「就職活動中の男性」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

面接に行くまでのポイント

服装は清潔感のあるもので、面接官に不快感を与えないように

面接官は、外見や立ち振る舞い、マナーなどが相手に好印象を与えるかどうか。清潔感はあるかを見ています。

服装はスーツが無難です。上は襟付きのシャツやブラウス、下はチノパンや膝丈スカートを着ましょう。 ジーパンやジャージ、ハーフパンツなど面接に相応しくない格好は避けましょう。 ぼさぼさな髪、、顔の表情が見えづらい髪形、派手なネイル、フケ、長い爪、汚れた爪、シワシワなシャツも当然NGです。 前日、若しくは当日の朝にでもきちんと整え、清潔感と品格を保ちましょう。

身なりのチェックポイント

  • 髪型は整っているか。寝癖がついていたり、フケはついていないか。
  • シャツはきれいにアイロンがけされており、シワシワになっていないか
  • 靴は磨かれており、かかとはすり減っていないか
  • 爪が伸びたままになっていないか
  • 鼻毛など、ムダ毛の処理はされているか
  • 服が汚れていたり、穴が開いていないか
  • 香水や体臭などの「におい」がきつくなっていないか

遅刻しないよう余裕をもった移動を

きちんと余裕をもって面接開始時間に間に合っているかどうか確認しておきましょう。

※時間を守るという事は最低限の常識です。 余裕を持って行動する事で自然と心にもゆとりが持てるようになるはずです。 面接開始時間から行動を逆算し、1日のプランニングをしておきましょう。

良い印象を残せるような姿勢・態度で

まずは、「笑顔で挨拶できる人かどうか」がとても重要です。 面接官はもちろん、受付や、他のスタッフ、利用者さんにも元気よく挨拶をしましょう。 面接後、面接官が受付に「彼は入ってきた時どんな印象だった?」等と聞くような事も珍しい話ではありません。

また、面接官は面接だけが仕事ではありません。 面接の最初と最後には感謝の気持ちを添えて「本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうござます!」と伝えるのがのぞましいです。

敬語をしっかりと遣えているか

社会人としての適切な言葉遣いで、自分なりの言葉で論理的に会話できるかどうかも見られています。

人と対面して会話をする際に、表情はとても大事なコミュニケーションのツールです。 きちんと正しい敬語でお話ししましょう。 自信を持って話している時と、そうでない時の表情・空気は、わかる人にはわかります。鏡を見ながら話す練習をする事も効果的です。